MIZUNO TECH FEATHER 03 その2

1月21日(木)

前回(1月16日のブログ)紹介した MIZUNO TECH FEATHER 03 を試打してみました。

同時に4個のシャトルを試してみました。

1.水鳥球(天然グースフェザー)1種検定合格球

2.MIZUNO TECH FEATHER 03(人工球) 検定合格球(TF-03)

3.MIZUNO NS-5(人工球) 練習球

4.YONEX MAVIS-2000(ナイロン球)

f:id:nekontaex:20210121220232j:plain

01:3個を並べてみました。TF-03の色が濃いです。とくに軸が薄い褐色です。

f:id:nekontaex:20210121220248j:plain

02:NS-5は青い部分にちぎれ防止のためのかがり糸が入っています。

f:id:nekontaex:20210121220309j:plain

03:16枚羽根で1本がスリムで軸に対して非対称です。

  1枚の厚さはNS-5より薄いです。

f:id:nekontaex:20210121220323j:plain

04:旧タイプの練習球 NS-5、15枚羽根で1本は軸に対して対称です。

よく見つけられましたw

f:id:nekontaex:20210121220342j:plain

05:メイビス2000、かがり糸部分がウィングリブという内外が非対称の空力形状になっています。メイビス500よりは打球感が良いです。

 

実際に打ってみると、TF-03は硬い音(高音)がします。天然球になれた者からすれば打球音で速度を見積もる感覚が狂います。野球の木製バットと金属バットの打球音の違いのようなものだと思えばわかりやすいです。

NS-5は以前にも打っていますが、当たり所によってボコッという音がしたり、スマッシュがまっすぐ飛ばない(稲妻のような動き:原因はインパクトの瞬間からシャトルが進行方向へ向くのに時間がかかる)がありました。

この点は TF-03は安定していてNS-5のような違和感はありません。飛距離については1ダース打ちましたがTF-03のほうがバラつきが小さく、狭い範囲に落ちます。いくら検定合格球でも素材にバラつきのある天然のシャトルと全く同じ製法でつくられた合成球との差でしょう。MIZUNOのサイトでは天然球に比べてストンと落ちないというデータが示されていましたがとくに感じません。

 

ミズノのサイトより

f:id:nekontaex:20210122090043j:plain

f:id:nekontaex:20210122090055j:plain

 

TECH FEATHER -テックフェザー|バドミントン│ミズノ - MIZUNO

 

フライトは違和感がありませんからゲームでも使えそうです。そういう意味ではたしかに相当向上しているとは思います。

天然の素材を使うスポーツが環境問題からやり玉に挙げられる時代です。バドミントンはかつてはラケットは木製、ストリングスはヒツジの腸を使っていたのですから、カーボンやナイロン繊維に変わって戦術も変わりました。いつまでも天然にこだわらず人工シャトルにも慣れないといけない時代になったということでしょう。

 

ねこんたフォトギャラリー

 

レンズ丸洗いw

1月21日(木)

レンズを台所用中性洗剤で丸洗いしてみました。

 

f:id:nekontaex:20210121213631j:plain

01:台所にあるJOYをスポンジにつけて丸洗いです。

f:id:nekontaex:20210121213649j:plain

02:こんな感じです。

f:id:nekontaex:20210121213719j:plain

03:綺麗になりました。Caniam だってw

f:id:nekontaex:20210121213733j:plain

04:フタを取るとこんな感じw

f:id:nekontaex:20210121213801j:plain

05:こんなパッケージに入っています。Made in CHINA パロディ商品としては良い出来です。他にもNIKON24-70mmもあります、昔 純正のNIKONのマグカップがあったと記憶しています。

f:id:nekontaex:20210121213815j:plain

06:ビールを注いでみました。

 

ねこんたフォトギャラリー

 

1年ぶりのカノープス

1月20日(水)大寒です。古い話ですがこんなときに産まれたんですw

久しぶりによく晴れたので自宅からカノープスを撮ってみました。昨秋から何度かチャレンジしましたが泉南から紀伊半島にかけて雲があって成功しませんでした。

カノープスは「南極老人星」とか「寿星」とか言います。全天で2番目に明るい恒星ですが日本からは低いのでなかなか見えません、見えたら寿です。

ツイン21とアベノハルカスをかすめていきます。

 

f:id:nekontaex:20210121041954j:plain

今回はなんとか収まりました。520枚を比較明合成しています。

SONY α7RⅢ+TOKINA90mmF2.8 をF9に絞っています。

 

ねこんたフォトギャラリー

MIZUNO TECH FEATHER 03(合成シャトル)

1月16日(土)

ミズノのMIZUNO TECH FEATHER 03(テックフェザー)が15日に届いたので最初のレポートを書いてみます。

以下ミズノのサイトから抜粋

+---+---+

ミズノは、人工の羽根16本を使った合成球として初めて公益財団法人日本バドミントン協会の大会公認球※1となった、人工羽根バドミントンシャトル「TECH FEATHER 03」(テックフェザーゼロスリー)」を、全国のミズノバドミントン品取扱店で2020年4月から順次販売します。
ミズノでは水鳥の羽根を使った天然素材に置き換わる人工羽根の開発を長年進めてきましたが、「TECH FEATHER 03」はより天然シャトルに近い飛翔性能を実現できました。また、羽根の軸の形状と素材を工夫することで剛性を高め、天然シャトルに比べ約2倍(当社調べ※2)の耐久性を備えています。今後合成球初の大会公認球として、各種大会での使用促進活動も進めていきます。
「TECH FEATHER 03」の販売目標は、グローバルで36,000ダース(発売から1年間)です。

 

crp.mizuno.com

+---+---+

昨年の冬から発売されていたのは知っていましたが、新型コロナ関連で試合や練習会が中止になるなか、試してみる機会がなく今回やっと1本試打してみることにしました。

 

ミズノは2009年に人工シャトルを開発しました。当時は「NS-300」という名前で2010年から販売していました。ハッキリ言えばイマイチシャトルで中学生の練習球というイメージで、当時のレポートを書いた記事がこれです。

キャロットクラブラケット講座 (so-net.ne.jp)

 

 

f:id:nekontaex:20210116230051j:plain

01:通常のシャトルより少し太い筒に買いっています。

 f:id:nekontaex:20210116230222j:plain

02:「公財 秘本バドミントン協会 検定合格証 合成シャトル」というシールが貼ってあります。通常シャトルのような 一種、二種はありません。

f:id:nekontaex:20210116230820j:plain

03:台湾製です。12個入り

f:id:nekontaex:20210116230912j:plain

04:16枚の合成羽毛、コルク部分は同じで、二重かがりになっています。

f:id:nekontaex:20210116230937j:plain

05:測ってみると5.4グラムです。

f:id:nekontaex:20210116231137j:plain

06:1種検定合格球 3番に比べると重いです。

f:id:nekontaex:20210116231444j:plain

07:他の番号シャトルとも比較してみました。

f:id:nekontaex:20210116231504j:plain

08

実際に打つのは21日になるかもしれません。緊急事態宣言で練習会が中止になってしまいました。 

 

ねこんたフォトギャラリー

背面液晶モニターのライムラグ α7Ⅲ、α7RⅢ、α7C、α7RⅣ

1月16日(土)

緊急事態宣言で巣ごもりになりました。

ヒマなのでミラーレス一眼の背面液晶モニターのタイムラグを測ってみました。

実験方法

1/1000秒まで表示できるスマホのストップウォッチアプリをカメラの背面液晶で表示させます。スマホ画面カメラを同じ画面に映り込むように撮影すれば、タイムラグを測定することができます。

室内で撮影したため、シャッター速度を1/1000秒にする、スマホと背面液晶を撮影するため被写界進度を深く撮るため 200mmF14でくらいが必要です。ISO51200を使ったため画質はボロボロですが、数値が読めれば良いのでトライしてみました。

各10回の実験結果の平均タイムですが、どのデータもほとんど偏りはありませんでした。

 

f:id:nekontaex:20210116212908j:plain

01:α7Ⅲ=0.036秒

f:id:nekontaex:20210116212922j:plain

02:α7RⅢ=0.030秒

f:id:nekontaex:20210116212941j:plain

03:α7RⅣ=0.018秒

f:id:nekontaex:20210116212957j:plain

04:α7C=0.032秒

 

今回計測した機種と以前に実験した機種のまとめ、タイムラグと液晶モニタ画素数

SONY α7RⅣ=0.018秒:1440000ドット

以前の機種に比べて表示タイムタグが大きく改善しています。

SONY α7RⅢ=0.030秒:1440000ドット

SONY α7C=0.032秒:921600ドット

SONY α7Ⅲ=0.036秒:921600ドット

SONY α6300=0..033秒:921600ドット

CANON Powershot G3X=0.091秒:約162万ドット

 

この期間に自宅にあるカメラを全部測定してみますw

 

ねこんたフォトギャラリー

ISS 国際宇宙ステーション

1月10日未明

ISS国際宇宙ステーション)が上空を通過するので撮ってみました。

上手くいけば月をかすめるコースなので月面の前をISSが過るかも・・それも狙っていましたが、残念ながら東側を通っていきました。

f:id:nekontaex:20210110204355j:plain

01:もう5分早ければ・・マンションの少し上にあるのが月です。

f:id:nekontaex:20210110204408j:plain

02:月齢26.3

 

ねこんたフォトギャラリー