淡路花さじき

2月12日(水)

朝から大学時代の友人と淡路島にいきました。当初は 万博公園で梅を撮ろうと思っていましたが水曜が休園ということで急遽変更

この時期は花はそれほど咲いてないだろうと思いましたが、早咲きの菜の花が満開でした。

f:id:nekontaex:20200214003111j:plain

01:中国道から山陽道へ入り、徳島方面へ向かいます。明石海峡大橋

f:id:nekontaex:20200214003006j:plain

02:橋の下から撮ってみました

f:id:nekontaex:20200214003022j:plain

03:対岸の景色、HDRで遊んでいます。

f:id:nekontaex:20200214003038j:plain

04:花さじき

f:id:nekontaex:20200214002936j:plain

05

f:id:nekontaex:20200214002950j:plain

06:2時を過ぎると曇ってきて寒くなりましたので、阪神高速神戸線で帰路につきました。

α6300 修理完了

2月6日(木)

1月25日にヨドバシBF2の修理依頼に α6300 と RX100M3 を出してきました。

α6300の症状はモードダイヤルを回すと、意図したモードにならないことです。よく使うのはM(マニュアル)とP(プログラムオート)、たまにA(絞り優先)を使います。ところがPにするとパノラマになったり、Mに出来なかったりで困りものです。昨年12月頃から症状が出だして何度か操作すると正しくなっていましたが最近は戻らなくなっていました。

RX100M3は落下で背面液晶に貼ってある保護パネルに亀裂が入りました。動作はしますが内部の光軸などが歪んでいたら困ります。

その後1月28日にSONYから RX100M3 は異常なしとの連絡がありましたが、α6300はモードスイッチ交換で40073円かかるという見積もりとなり、GOサインを出していました。

6日に12日ぶりにヨドバシへ引き取りに行きました。

f:id:nekontaex:20200209233043j:plain

α6300は二重のプチプチに包まれて戻って来ました。

f:id:nekontaex:20200209233058j:plain

センサーもクリーニングされているようです。

f:id:nekontaex:20200209233022j:plain

壊れた部品、右上のロータリースイッチ不良のようです。

f:id:nekontaex:20200209233033j:plain

裏側にはなにもありません。

f:id:nekontaex:20200209233114j:plain

レンズ(FE24-240mm)をつけて試し撮り、問題無く動作しました。

 

北斗七星

2月2日(日)~3日(月) やっと晴れました。午前1時に月が沈むので撮りに出かけました。いつもの撮影場所は広角で撮ると光害でかぶりますが望遠だと方向を間違えなければそこそこ写ります。

しかし今回は RAOWA10-18mmF4.5のお試しもあって広角でも撮ってみました。

f:id:nekontaex:20200203133700j:plain

01:北斗七星とアークトゥルス:下の画像のトリミング

アークトゥルスは組成や運動から銀河系内を移動する伴銀河の一員らしいです。

f:id:nekontaex:20200203133633j:plain

02:FiRIN20mmF2 をF2.8に絞っています。

f:id:nekontaex:20200203133646j:plain

03:RAOWA10-18mmをF8に絞って1分だとこんな感じ、天体用には使えないことが確認できました。

f:id:nekontaex:20200203133605j:plain

04:M51 子持ち銀河 右上にNGC5198がかろうじて写っています。

8cm鏡ではこのあたりが限界です

f:id:nekontaex:20200203133553j:plain

05:M101 回転花火銀河 と NGC5474

 

3時半になって雲が出てきて撤収

LAOWA10-18mm その2

その1のつづきです。

レンズの描写チェックのため点光源に近い夜景を撮ってみました。

撮影機材は SONY α7RⅢ+VELBON GeoCarmagne E635M

f:id:nekontaex:20200129002351j:plain

01:10mm最大広角、黄枠を等倍表示にしています。クリックして表示してください。

f:id:nekontaex:20200129001903j:plain

02:開放でも光条が出ます。開放にしても絞り羽根が見えるので故障かと思いましたが、絞り操作をするとこれが普通のようです。

f:id:nekontaex:20200129001923j:plain

03:ここが一番キレが良いです。

f:id:nekontaex:20200129003748j:plain

04:絞ると回折現象で小絞りボケがわかります。

f:id:nekontaex:20200129002703j:plain

05:18mm望遠端、同じく黄枠を等倍表示にしています。

f:id:nekontaex:20200129002553j:plain

06:周辺では非点収差がわかります。F4.5ではなくF5.6かも・・・

f:id:nekontaex:20200129002617j:plain

07:左端の屋根のラインなどをみればここが一番良い画像です。

f:id:nekontaex:20200129002636j:plain

08

f:id:nekontaex:20200129005916j:plain

09:LAOWA10-18 での画像

f:id:nekontaex:20200129005749j:plain

10:CANON 8-15mm魚眼レンズで撮っています。射影方式の違いがわかります。

 

LAOWA10-18mm その1

1月24日(金)

注文しておいた 超広角 LAOWA10-18mmF4.5 が届きました。

10-18mm F4.5-5.6 Zoom C-Dreamer が正式名称のようです

それまでAPS-C機でSIGMAの8-16mmを使っていましたがフルサイズでの超広角が欲しいので買ってしまいました。電子接点が無く完全マニュアル操作のレンズですからそれほど高くも無く手頃です。LAOWAは中華製ですが他のメーカーにはこれに相当するレンズが無く選択肢がありません。

f:id:nekontaex:20200128233936j:plain

01:梱包を開けたときの化粧箱、LAOWAは老蛙と書くらしい。

f:id:nekontaex:20200129000229j:plain

02:レンズ構成図が描かれています。

緑:異常低分散ガラス:EDガラスのような素材です。

赤:非球面レンズ

紫:蛙目コーティング・・・何ですかね?

---

仕様は 

焦点距離 10-18mm

口径比 F4.5-5.6

画角 102-130°

レンズ構成 10群14枚

絞り羽根 5枚

最短撮影距離 15cm

最大撮影倍率 0.25倍

寸法 70×90.9mm

質量 496g

f:id:nekontaex:20200128233948j:plain

03:中箱

f:id:nekontaex:20200128234001j:plain

03:中箱を開けたところ、保証書と日本語マニュアルが入っています。

f:id:nekontaex:20200128234031j:plain

04:摺り合わせキャップの前方はねじ込み式のキャップになっています。

f:id:nekontaex:20200128234048j:plain

05:前面キャップのみ外したところ

f:id:nekontaex:20200128234102j:plain

06:リア部に電子接点はありません。

f:id:nekontaex:20200128234116j:plain

07:リアに37mm径フィルターがついています。

ィルターはΦ37mm、枠厚5mm以下、ガラス厚1.1mmのものであれば交換可能

f:id:nekontaex:20200128234235j:plain

08:α7RⅢへ取り付けました

f:id:nekontaex:20200128234254j:plain

09:前方から

作例はその2で公開します