マクロで草花

1月24日 強烈寒波が日本列島を襲いました。大阪-京都間に10本もの電車が立ち往生、知人の弟さんはJR京都線で大阪を午後6時に出て京都方面に向かい下車できたのは午前1時だったそうです。7時間も車内に閉じ込められたら・・・と考えるとJRの運行管理部はその間何をしていたんでしょう。

乗客を降ろせ、いや線路を歩けば危険とかあれこれ議論が出て結論が出ないまま小田原評定で時間だけが過ぎていく・・・結局 何かあれば責任を取りたくないという事なかれ主義だったに違いなく、優柔不断で決断できない官僚主義JR西日本の本質なんだろうと見えてきました。

 

寒い中ここ1週間ほど撮った近所の草花をアップします。

01

02

03

04

05

06

07

08

09

 

 

 

ねこんたフォトギャラリー

 

team Lab Botanical

1月17日

夕方から 長居公園にあるチームラボ・ボタニカル(♯teamLab★Botanikal Garden)に行ってきました。

18時入場で約1時間 長居植物園の池の周囲にある光の空間を歩いてきました。

01:星月夜を思わせるメインモニュメント

02

03

04

05

06

07

08

09

10

 

 

teamLab / チームラボ

 

ねこんたフォトギャラリー

FUNLEADERキャップレンズ

1月14日

FUNLEADERというキャップレンズを買ってみました。

キャップレンズはボディキャップの代わりに付けておくレンズで、「写ルンです」のレンズを再生流用した GIZMMON Utulens が有名ですが32mmF16(APS判は24mmF16)なので、どうせ着けるならもうちょっとプラスチック感のないものにしようと思いこのレンズを選んでみました。最近は GIZMMON Wtulens というのもあって17mmF16のようです。

スペックは 18mmF8 であえてLEICA Mマウントを選択しています。M→E のマウントアダプターで遊べます。F8なのでパンフォーカスというわけにもいかずフォーカシングが可能です。レンズ前のレバーを動かして0.45m~∞(1.5ft~∞)まで動きます。もちろんMade in China ですが最近デザインが洒落ています。

01

02:届いたパッケージ

03:レンズは缶の中にウレタンクッションに包まれて梱包されています。

04:左はLEICA M→SONY Eマウントアダプター、以前から使っています。完全マニュアル5群6枚構成です。

05:α7Cに着けてみました。昔のレンジファインダーカメラ風です。

06

07:夜景を撮ってみました。18mmF8ってそれしか選択できませんw

08:中央部の等倍表示

09:左周辺部

 

Batis2.8/18との比較

天下のZEISSとの比較自体がおこがましいのですがあえて・・

10:比較のため ZEISS Batis2.8/18 をF8で撮ってみました。

11:Batis2.8/18 F8の周辺部。当たり前ですが激しく差があります。

 

ねこんたフォトギャラリー